掘り出し中古車!

中古車販売の中古車価格のカラクリ

オークション代行の販売店と、一般の販売店との違いは?

実はその二店は売りに出される中古車の流通の方法が違うのです。
従来の展示車両をズラーッと並べてある一般的な中古車販売店とオークション代行をしてくれる販売店の大きな違いなのです。
従来の展示スペースのある一般的な販売店は『この車が売れるだろう』という見込みのもとに中古車を仕入れて並べます。
仕入れてから店頭まで持ってくる陸送費はすでに表示価格に入っています。
しかも、売れるか売れないか、完全にわからない車を仕入れます。
一般的な中古車販売店は大体回転率30%といいますが、1ヶ月以内に売れるのは仕入れた車の3割程度です。
残りの7割は売れ残り、その商品はまたオークションに持ちかえります。
そうすると往復の陸送費、オークション手数料、在庫期間の値落ち、諸々で70万円前後の軽を1ヶ月展示して売れ残ると、約15万円ぐらいの赤字になるといわれています。
その赤字を売れる商品の価格に上乗せしないと一般的な中古車販売店は経営が成り立ちません。
だから一般の中古車販売店は人気車が高いのです。

オークション代行をしてくれる販売店では、全ての商品となる車両はお客とトコトン話合い、お客のオーダーにより競売に参加します。
つまり、ロスになる要素は100%ありません、ですが試乗できないのと現物が見れないなどのデメリットはあります。

もう1つ他より安くできる決定的な理由があります

インターネットや中古車買取店で査定をしたことがありますか?
中古車の査定価格を出す時に、「必ず○月○日までに売って頂ければ○万円です」 と言われます。
これは車の価格(特にオークション価格)は月単位で変化するからです。
一般の中古車販売店の展示場に並んでいる車は、通常売れるまで短くても1ヶ月程度は時間がかかります。
つまり1ヶ月も前に仕入れた時の値段に一般の中古車販売店は自社の利益を乗せて販売します。
でも1ヶ月前ではなく、今日仕入れれば同等の車をもっと安く仕入れる事ができるはずなんです。
しかし、従来の中古車販売店では、中古車を並べてからお客を見つけますから、それができません。
オークション代行中古車販売店では、お客が欲しい車を欲しい時、つまり注文が入った時に競売に参加します。

結果として仕入れは、オークション代行のオークション代行中古車販売店の方が絶対的に一般の中古車販売店より安いわけです。

そりゃそうです、一般の中古車販売店は1ヶ月前に仕入れて今日売ると言う形態に対し。
オークション代行中古車販売店では今日仕入れて今日売ると言う形態です。
つまり同等の車ならオークション代行をしてくれる販売店の方が、仕入れ自体が安いのです。
だから、販売価格はオークションを代行してくれる販売店の方がどうしても安くなってしまうのです。
ですが購入の際はきちんとオークション代行をしてくれる販売店のデメリットも考えてオークションに参加するようにして下さい。

Valuable information

音楽教室 東京
http://www.plumeria-music.com/

Last update:2015/4/9

Copy right 2008 掘り出し中古車! all right Reserved